ROUND THE WORLD

カテゴリ:6.アルゼンチン編( 18 )

イグアス最高!

行っちゃいまいた、世界遺産イグアスの滝。

やばいっす。

気持ちよすぎです。

楽しすぎです。

なぜだかアトラクション的な楽しさがあります。

写真200枚以上撮っちゃいました。笑


今日は早起きして、

イグアス国立公園の開店時間に入場しました。

今日の恰好は水着の短パンにTシャツ、ビーチサンダルという超軽装です。
(お勧め。)

イグアスの滝の周辺はこんな感じになってます。
a0154765_9535100.jpg



最初は10分ほどの森を歩くのですが、
(ちなみに電車でも行けます。)

さっそく自然のアナグマに遭遇しました。
a0154765_6355113.jpg

森を抜けた先にある駅から

電車に乗り「Devil's Throat(悪魔の喉笛)」に向かいます。
a0154765_637567.jpg

a0154765_6374549.jpg

Devil's Throatまでは川の上に掛けられた橋を渡っていきます。
a0154765_643293.jpg

15分ほど歩くとDevil's Throatが見えてきます・・・。
a0154765_6432613.jpg

で、これがDevilです!!
a0154765_6434678.jpg

a0154765_6444470.jpg

a0154765_64562.jpg

やばいです。

圧倒されます。

なぜだか少し飛び込みたい!衝動にかられました。

いや、吸いこまれる!って感じなのかな。

でもその名のとおり落ちたら最後、悪魔に飲み込まれるでしょう・・・。


その後、Upper Trailという道に向かいました。
a0154765_8325891.jpg

ここではたくさんの大小たくさんの滝を見ることができます。
a0154765_653293.jpg

そしてもちろん絶景です。
a0154765_8315467.jpg

珍しい鳥も見れましたー。
a0154765_8344714.jpg


Lower Trailのくねくねした坂道を下ると滝の下まで行くことができます。
a0154765_8574869.jpg

ここでは滝の真下まで近づくことができる遊歩道があります!
a0154765_9791.jpg

a0154765_8445639.jpg

滝まであと2m弱ぐらいの近さで、もちろんびしょ濡れになります!!

真下から滝を見下ろす感じは、本当に何とも言えないぐらい最高です。
a0154765_8502090.jpg

(上から見下ろすとこんな感じ・・・)


そしてー、

今日のメインディッシュ、ボートで滝の近くまで行きます。
a0154765_8515530.jpg

(滝のしぶきで見えにくいですが、中央左下らへんにボートがいます。)
a0154765_8551165.jpg

ボート乗り場には蝶がたくさんいて、

乗り込む瞬間は絵本の世界みたいに蝶が舞いキレイでした。
a0154765_846834.jpg

a0154765_847341.jpg

ボートはまじで、本当に、すごく

やばいです!!

みんな絶叫です!!

なぜなら滝の約1m近くまで近づき、

全身びしょ濡れになります。

濡れないなんてありえないっす!

てか、

びしょ濡れにならなきゃイグアスの滝に来た意味ないんじゃんない!!

って思うぐらい、それぐらいボートは良かったです。
a0154765_8594525.jpg

a0154765_901412.jpg



そしてアナグマを見た同じ森のなかで、

帰りは自然のサルが見れました!
a0154765_914747.jpg

a0154765_922962.jpg

いるらしいとは聞いていたけど、

まさか見れるとはー!!


最後はちょっと贅沢してイグアス国立公園内にあるBuffetに行っちゃいました。
a0154765_941369.jpg

アルゼンチンは牛肉の消費世界一の国なので、

牛肉食いまくっちゃいました。

うまかった。


イグアスの滝は本当に良かったです。

もしかしたら明日も行くかもです!笑

最初にも書いたように遊園地に行くような感じの楽しさで、

そういう意味では友達や恋人と来るとより良い気がします!

アルゼンチンに来る機会がある方は、

イグアスの滝は絶対訪れてくださーい。
a0154765_96328.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-03-26 21:19 | 6.アルゼンチン編

Puerto Iguazu

本当に発行してもらえるのかドキドキしていたけど、

無事ブラジルのビザを取得することができました!

よかった、よかった。


そんなわけで今日はブラジル入り!と言いたいところですが、

またまたアルゼンチンにやってきました。

アルゼンチンのPuerto Iguazuという

世界三大瀑布であるイグアスの滝がある町に来ています。

そしてそのイグアスの滝は、世界遺産に登録されています。


ブラジルからも滝は見えるのになぜまたアルゼンチンに来たのかというと、

それは滝はアルゼンチン側からのほうが近くで見れ、

滝の真下まで船で行くことができるからです。

で、船の予約もしちゃいましたー。

そんなわけで明日はイグアスの滝を見てきます!

(ちなみにブラジル側はパノラマビューで見れます。)


あ、あと一瞬ですがブラジルにも入国しました。

Ciudad del Esteからアルゼンチンに入るには、

ブラジルを通らなければいけないんです。

しかし自分としては入国した気持ちになれないので、

10カ国目であるブラジル入国のお祝いはあとでします!笑


今日はPuerto Iguazuに到着した後、

予約していたホステルに荷物を置いて、

アルゼンチン&パラグアイ&ブラジルの三国を

同時に見れるというポイントに行ってきました。
a0154765_813295.jpg

手前がもちろんアルゼンチンで、右手がブラジル、左手がパラグアイです。

ただ暑すぎて途中、日射病ぎみになり死にそうでしたー。笑
a0154765_8145947.jpg

イグアス川です。

この上流にイグアスの滝があります。


あー、明日は楽しみだな。

実はイグアスの滝はアルゼンチンで一番楽しみにしてました。

今日は早く寝なきゃな。
[PR]
by world_journey | 2010-03-25 19:54 | 6.アルゼンチン編

偶然がタンゴ・・・

夕方、久しぶりに外食をしようと思って外にでると、

雨が降っていました・・・。

んー・・・どうしようかなーと悩んでいると、

女性がこちらに向かって走ってきました。

ホステルの入り口で外出するか悩んでいたので、

ホステルに泊まっている人かなー??って思っていたら、

なんとチリのバルパライソで同じホステルになった女性でした。


バルパライソのホステルには自分とその女性と

62歳のアメリカ人のおじさんの3人だけしか滞在していなかったので、

お互いみんなけっこうおしゃべりをしていました。

オーストリア人のその子とはオーストリアに行った時は、

案内してくれる・・・とメールの交換をして別れました。

M7.2の地震がある前の日にチリの南部に彼女は行き、

自分は地震の翌日にアルゼンチンに向かいました。


そんな彼女とばったりこんなに大都会のブエノスアイレスで会いました!

彼女はこれからタンゴを見に行くとか。

僕は今日、タンゴを見に行こうといろいろとインターネットでリサーチしていたのですが、

決め切らずにどうしよう・・・と悩んでいたところでした。

値段も200ペソぐらいと、ホステルの約9倍でやや高めだったため、

もう少し考えてからにしよう・・・と思って外食に行こうとしていたところでした。


聞くと、タンゴのショーは現地の人がよく行くようなショーで価格も安く60ペソ。

即決で、僕も一緒に行くことにしました!

いやー偶然ってすばらしい。


知っている人も多いと思いますが、

タンゴはここブエノスアイレスが発祥の地です。

ブエノスアイレスのボカ地区で生まれ、

日本にはヨーロッパを経由してコンチネンタル・タンゴとして入ってきたらしいです。

それと区別するために、本場のタンゴはアルゼンチン・タンゴと呼ばれたりするらしい。


そんなタンゴショーを約1時間半楽しみました。

おかげてすばらしい夜となりました。

アルゼンチンを訪れた際はぜひタンゴをお楽しみください!!
a0154765_2125119.jpg
a0154765_21254130.jpg
a0154765_2126431.jpg
a0154765_21263263.jpg
a0154765_2127140.jpg
a0154765_2127243.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-03-17 23:59 | 6.アルゼンチン編

ボランティア!?

ボカ地区を歩いていると古い感じの消防署があったので、

写真を撮らせてもらうことに・・・。

英語ができる人がいて、いろいろと説明を受けていると、

ここはアルゼンチンで一番古い、南米で3番目に古い

ボランティアの消防署らしい。

ボランティア??

その言葉に引っ掛かり、尋ね直してみると、

ここで働いている人たちはボランティアでこの消防署に待機しているらしい。

というか、アルゼンチンの約90%の消防署がボランティアらしい!!

プロの人もちろんいて、プロが最初に出動し、

必要があれば彼らボランティアの消防士たちが出動するらしいです。

だから、みんな他にきちんと仕事を持っているらしい。

みんな好きだからここで働いている!!って話してくれました。


でもやはり今はボランティアの数も減っていて、

10年前の2分の1だとか・・・。

それでもそこの消防署には50人が登録をしているらしいです。

いやーすごいっす!

日本だったらきっとやりたい人ってすごい少ない気がする・・・。

a0154765_2059232.jpg
a0154765_20591794.jpg

a0154765_212322.jpg

a0154765_20593923.jpg
a0154765_20595874.jpg

昔の古い消防車?も展示してありました。
a0154765_211089.jpg

a0154765_2113349.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-03-17 23:50 | 6.アルゼンチン編

ボカ地区

今日はバスでブエノスアイレスのボカ地区に行ってきました。

ボカ地区は南米の強豪サッカークラブ、ボカ・ジュニアーズの本拠地で、

今週はそのボカ・ジュニアーズとリバープレートという

優勝回数1位と2位(ボカ)の古豪の2強の試合があります。

本当は、本当は見たかった!!


しかし、この試合はボカの会員でなければ買えないとのこと・・・。

ということで試合を見るのは諦め、

スタジアムツアーに参加してきましたー。
a0154765_553547.jpg
a0154765_5563292.jpg
a0154765_604431.jpg
a0154765_635445.jpg

選手が試合後インタビューを受けるところ。
a0154765_66297.jpg

ガラス張りボックス席の真中らへんにある黄色いシートは
マラドーナとその家族だけのためのシートらしいです。
a0154765_69515.jpg

a0154765_618622.jpg


ボカはトヨタカップ(FIFAクラブワールドカップ)を3度優勝を含め、

国際タイトル18個を獲得しており、これはイタリアのACミランに次第2位です。
a0154765_6203234.jpg
a0154765_6225565.jpg

a0154765_6125954.jpg

a0154765_6154673.jpg

現在浦和レッズに所属する高原選手も昔所属していました!


ツアーに参加した後はカラフルな家が建ち並ぶカミニート(小道)を見てきました。

たくさんの絵画や小物を路上で売っていて、

それがまたこの小道を華やかなものにしてくれているような気がします。
a0154765_6285370.jpg
a0154765_6312036.jpg

a0154765_6335762.jpg
a0154765_6365299.jpg

a0154765_6395171.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-03-17 16:04 | 6.アルゼンチン編

首都 ブエノスアイレス

Cordobaから夜行バスで9時間かけて、

アルゼンチンの首都であるブエノスアイレスにやってきました!


いやーーーーー、でかい!!

人多い!!!

チリのサンチャゴも大きいなーと思ったけど、

ブエノスアイレスはそれ以上に大都会!という感じです。

歩けなくなるぐらいの人の多さ、

めんどくさいチラシ配り・・・、

なんとなく東京に近い感じがします。


今日は姉の友達でブラジル人のマリナさんにブエノスアイレスを案内してもらいました。

いやー、やはり現地に詳しい人がいてくれるといいです。

行きたい!と思ったところにあっという間に連れて行ってもらえます。


1日にしてブエノスアイレスの有名どころをほとんど回りました。
a0154765_12233251.jpg

イギリスからアルゼンチンへ独立100年を記念して寄贈されたらしいです。
a0154765_12243860.jpg

この塔が立つ場所が初めてアルゼンチン国旗が立てられた場所らしいです。
a0154765_12253350.jpg

昔はここにヨーロッパからの大きな船が泊まったらしいです。
a0154765_12263584.jpg

大統領官邸です。

色がピンクなのは独立戦争によって流されたたくさんの血である赤と、

平和の白が混ざった色であるためとか・・・。
a0154765_12281048.jpg

アルゼンチンではほぼまったく見ないアジア人ですが、

ブエノスアイレスにはチャイナタウンがあります。
a0154765_1229238.jpg

a0154765_12294381.jpg

アルゼンチンで一番古いカフェらしいです。

有名な人もこれまでたくさん訪れているとか・・・。
[PR]
by world_journey | 2010-03-15 12:00 | 6.アルゼンチン編

新しい価値観

a0154765_7272712.jpg

この人誰だか知っていますか。

日本だとTシャツのデザインであったり、

ポスターなどで見たことある人が多いんじゃないかな。

僕もそのような人の一人でした。


数年前に彼(チェ・ゲバラ)についての映画が上映されたことにより、

もしかしたら今はけっこうな人が彼について知ってるかもしれませんが、

僕は興味がなく映画を見ようともしなかった人なので、

本当に少しのことしか知りませんでした。
(キューバ革命にかかわっていた・・・とか。)


そんな僕は彼が幼い時代を過ごしたという家に行ってきました。

その家はAlto Graciaという町にあります。

ここはCordobaから約45分の自然いっぱいの避暑地で、

夏にはたくさんの人がここを訪れるらしいです。
a0154765_11461250.jpg


小さなころから重度の喘息を持っていたゲバラを思い、

両親は自然に囲まれたこの地に治療のために移り住むことにしたらしいです。

彼はその後、医学部に入学します。
a0154765_1147770.jpg

a0154765_11474792.jpg
a0154765_11482171.jpg

a0154765_115184.jpg

彼は大学時代、モーター付き自転車でアルゼンチン南部を旅行しました。
a0154765_11491198.jpg

裕福な家庭のなかで育った彼でしたが、

彼はその旅行中、ひどい貧富の差、

原住民が苦しい生活をしているのを初めて目のあたりにしました。


またバイクで南米を旅行していた際に、
a0154765_11495645.jpg

虐げられていたボリビアの原住民たちがボリビア革命により

自由を獲得し、彼らが歓喜の中にあるのを見て大きな衝撃を受けました。

その後、彼は一人目の妻となる女性活動家、

イデラ・ガデアの影響もあり社会主義に目覚めていきます。

そう、彼はマルクス主義者=共産主義者です。


アメリカの影響を色濃く受けた僕は(日本の教育?)、

「共産主義=悪」みたいなイメージを持っていましたが、

彼について知ることにより共産主義について少し考え方が変わりました。


Wikipediaによると共産主義とは、

「資本家的私的所有の廃絶を目指す思想および運動である。

生産手段(会社など)を私的所有から社会的所有に変え、

人間による人間の搾取を廃止することによって、

各人の自由な発展が万人の自由な発展の条件となるような

協同社会が可能になるとしている。」


つまり僕の理解では、

みんなが平等に幸せに暮せるような社会を作ろう!ってことな気がする。


ゲバラは南米を旅行し、

不当に扱われる人たちをみてこのままじゃいけないと強く感じたのだと思います。

その中で彼がたどりついたのがマルクス主義だったわけです。

みんなが平等に幸せに暮らせる社会を求めて・・・。

そんなゲバラを僕はかっこういいなーと思いました。


彼は最後まで戦い続け、最後はボリビアで捕まり殺されてしまいました。

彼は最後までみなが平等に暮らせる社会の実現のために、

民衆のために、苦しむ人たちのために戦い続けました。


ゲバラはニューヨーク滞在中のインタビューでこう答えました、

「バカらしいと思うかもしれないが、

真の革命家は偉大なる愛によって導かれる。

人間への愛、正義への愛、真実への愛。

愛の無い真の革命家を想像することは不可能だ。」


彼は愛を持って革命を実行しようとしたのです。


可能不可能は別として共産主義に対する考え方が変わりました。

共産主義(社会主義)は悪いものだと思い込んでいたけれど、

共産主義は考えた人たちや、支持した人たちは

よりよい世界を作りたいと心から思いその社会の実現を望んだんだろうと思います。


Alto Gracia行きは前日に決定し、

近いし時間もあるから・・・っていうそんないい加減なものだったけど、

来て良かった!って心から思えました。


僕の旅の目的の一つはいろいろな価値観に触れることです。

自分にない考えに触れることです。

ここAlto Graciaで僕はまた新しい価値観に触れることができました。
a0154765_11515913.jpg




余談ですが、

Alto Graciaにはイエズス会が建てた教会と宿舎があり、

そこはCordobaの大学や教会と一緒に世界遺産に登録されましたものです。
a0154765_11523318.jpg
a0154765_11525593.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-03-14 12:00 | 6.アルゼンチン編

コルドバの世界遺産

ここコルドバやコルドバ近郊にも世界遺産があります。

今日はコルドバ市内にあるアルゼンチン最古の大学(南米でリマの大学に次いで古い)と、

その隣に隣接する教会のツアーに参加してきました。
a0154765_1021610.jpg
a0154765_1024189.jpg


どちらもイエズス会が建設した大学と教会らしいです。

しかし設計者は、教会や建物を専門にする人ではなく、

船の設計を専門にする人がこの教会を設計したらしいです!


教会の天井は木造で、

デザインもすごい素敵でした。
a0154765_1031978.jpg
a0154765_1035184.jpg


大学は宣教師を育てるために作られた学校らしいのですが、

宣教師になるには最低2つの博士をとらなきゃいけないらしく、

とても厳しく、難しいものだったらしいです。
a0154765_104178.jpg


帰る頃には町は薄暗く、

昼間あんなに忙しくしていたショッピング街は、

たくさんの露店にかわってました。
a0154765_1053771.jpg

a0154765_1061650.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-03-13 21:49 | 6.アルゼンチン編

アルゼンチン第2の都市

バルパライソから2時間+6時間+11時間のバスの乗り換えを経て、
a0154765_946731.jpg

a0154765_9463368.jpg

(途中、チリもワインが有名なためブドウ畑が広がってましたー。)

アルゼンチン第二の都市であるCordobaにやってきました。

とりあえずホステルを見つけ、少しのんびりしています。

今日は洗濯をして、街をぶらぶらして、

時間があれば世界遺産がある町まで1時間遠出しようかと思います。


ここからは首都のブエノスアイレスまで10時間です。

明日か明後日には首都ブエノスアイレスに向かいます!!
[PR]
by world_journey | 2010-03-13 09:34 | 6.アルゼンチン編

お礼に・・・

昨日はお茶をご馳走になった後、

あまりにも素敵な夫婦だったし、

日本にとても興味があるとのことだったので

ご飯を作ってあげたい!と提案しました。


そんなことで、

今日はお昼ごはんを作ります!!


集められる材料と調味料、

調理時間と食べる時間を合わせて2時間半ぐらいと、

あまり時間もないことから何を作るか迷いました・・・。


日本食でできればアルゼンチンの人にも食べやすいようなもので、

The日本食という感じの料理・・・。

いろいろ考え、醤油が売っていたのを思い出し、

肉じゃがと炒飯(日本食じゃありませんが・・・)と牛乳プリンを作ることにしました。


肉じゃがと言ってもお酒もみりんもしらたきもありませんが、

がんばって、醤油と砂糖とじゃがいも玉ねぎ、牛肉のみで作ってみました。

まぁ・・・肉じゃがにはややほど遠い感じでしたが、

喜んで食べてくれました。

炒飯はなかなか好評でした。


時間があまりなかったせいもあり、

2人にも野菜を切ってもらったり手伝ってもらい、

久しぶりに誰かと料理をし楽しい時間を過ごせました。


みんなでおいしく、楽しくご飯を一緒に食べることができ、

とてもとても素晴らしい時間でした!!
a0154765_391929.jpg


あ、ご報告忘れていましたが、

アルゼンチンに入り、一人旅に戻りました。

仲間と旅をするのもよいですが、

一人っきりだからこそ出会える出会いもあるんだろうな・・・と感じました。
[PR]
by world_journey | 2010-03-07 12:00 | 6.アルゼンチン編