ROUND THE WORLD

カテゴリ:26.マケドニア編( 2 )

新しい夢

予定より1日早めにコソボを後にして、

マケドニア唯一のUNESCO世界遺産があるオフリドにやってきました。

ここにはオフリド湖があり、

マケドニア唯一の観光地でもあります。


到着早々、街を散策したのですが、

なんとも可愛らしい街です。

特に気にいったのは町中に花が溢れているってことです。

旧市街を歩いているとほとんどの家でいろいろな種類の

花を育てていました。

古い街並みにその色鮮やかな花たちが加わり、

何とも言えない雰囲気を醸し出していました。
a0154765_14464124.jpg
a0154765_14472165.jpg
a0154765_1447429.jpg
a0154765_14475985.jpg
a0154765_14482048.jpg



そして驚いたのは、

湖の透明度です。

こんなにキレイな湖は見たことがないかもしれません。

今まで湖で泳ぎたい!と思ったことはなかったけど、

ここでは心から泳ぎたい!!と思えました。

魚もたくさんいて、

きっと泳いだら気持ちいいはずです。
a0154765_1449879.jpg
a0154765_14492423.jpg
a0154765_14494370.jpg
a0154765_1450564.jpg
a0154765_14502317.jpg



マケドニア唯一の観光地といっても、

そこまで観光客は多いわけじゃないので、

意外な穴場でお勧めです。


この花で溢れる素敵な街を歩いていて、

1つ小さな夢ができました。

いつか持つはずの自分の家を花をたくさん植えたい!

夢ばかりが増えていきます!笑

a0154765_1451310.jpg
a0154765_14512915.jpg
a0154765_14514779.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-07-14 12:00 | 26.マケドニア編

26カ国目 マケドニア

夜行電車に揺られること約11時間、

26カ国目となるマケドニアの首都、スコピエに到着しました。

さすがにマケドニアについてよく知ってる日本人はいなさそうなので、

少しご説明を・・・と言いたいところですが、

今は時間がないので、コソボからまたマケドニアに帰ってきた時に書くことにします。


今日の朝マケドニアに到着したばかりだけれども、

明日の朝にはコソボに向かうので今日は着いてそうそうスコピエ散策です。

はっきり言うと、

観光名所!!という場所はありません。

『でもそんなの関係ねー!』とぜひ小島よしおの代わりに叫んであげたい。

知らない国を、土地を訪れるときはいつもドキドキです。

何を学べるか、どんな生活をしているのか、

何を食べているのか、どんな人たちなのか・・・興味は尽きません。


1日中街を歩き回り、

個人的にはけっこう町も人も好きです。
a0154765_1274947.jpg

オスマン帝国支配下時代に作れられた橋の復刻版
a0154765_1294677.jpg

昼食、36円。餃子の皮に似た薄い生地に肉とかが巻かれてる。
a0154765_1303956.jpg

a0154765_131283.jpg

マーケットで出会った青年たち。
a0154765_1323219.jpg
a0154765_1325086.jpg

マーケットには野菜、肉、洋服、電化製品なんでも売ってます。しかも安い!
a0154765_1333351.jpg

a0154765_134638.jpg

雰囲気のいい石畳の道。
a0154765_1342859.jpg

オスマン帝国の要塞あと。
a0154765_135442.jpg
a0154765_1353169.jpg

要塞からの街並みと夕日。


夜はマケドニアの地元民が集まるレストランに行きました。

自称貧乏旅行者の僕は、

メニューを入り口で見せてもらい20分ほど量と内容の説明を聞きつつ、

どうするか迷ってました。

迷ったあげくソーセージとフライドポテトとパンを注文しました。

ソーセージは50ディナール(最安の肉料理)、ポテトは30ディナール、パンは15ディナール、

全て合わせてもたったの95ディナール(171円)、
(肉料理だけで平均大体120ディナールぐらい)

そして長い時間軒先で迷っていたにも関わらず、

おじさんたちは快く僕を席に案内してくれて、

量的に足りないかな・・・と思ったけど大盛りの料理を出してくれました。
a0154765_1362252.jpg


でもそれよりも感動したのは、

おじさんは僕にグラスを出してくれたことです。

というのも僕は大きなペットボトルのジュースをその時持っていたんです。

おじさんは気を利かせて、

「使うでしょ??」とグラスを持ってきてくれました。

普通はお店の飲み物をオーダーしろよ!と思うだろうに、

僕もお店の中では飲むまいと思っていたのに、

なんか感動しちゃいました。
a0154765_1364387.jpg


こういうちょっとした優しさに弱い僕です・・・。

なんか今日一日がより幸せなものに感じました。

ありがとーおじさん。
[PR]
by world_journey | 2010-07-11 12:00 | 26.マケドニア編