ROUND THE WORLD

カテゴリ:40.タイ編( 9 )

2度目のバンコク

昨日心配していた下痢も今日はなんともなく、

無事にバンコクまで帰ってきました。

1カ月かけてラオス、ベトナム、カンボジアを周ってきたのが少し夢のように感じ、

大都市バンコクでやや現実世界に連れ戻された感じがします。


そして明日にはマレーシアに向けて出発です。

どれだけの国を訪れても新しい国に行くのは楽しみでしかたありません。

あ、でもアフリカや南米のように新しい国に行く恐怖感はアジアに入ってなくなったかな。

アジアでは強盗にあう確率はそれらの国に比べたらうーーんと低いからね。
[PR]
by world_journey | 2010-10-23 12:00 | 40.タイ編

シリアで6月の終わりに髪を切ってから伸びっぱなしの髪を切るべく、

今日はチェンセンで一番おしゃれそうな美容室に行ってきました。

インドやネパールでは100円ぐらいで髪が切れるということで、

その時も切ることを考えたのですが、

変な髪型になってしまうのが怖かったです。

しかし比較的おしゃれなタイ人なら素敵に切ってくれるのではないだろうか・・・、

そんなわけで髪を切るならタイだな!と心に決めていたので、

街で一番おしゃれそうで、若者が集まりそうなところを見つけ、

この旅2度目の散髪しちゃいましたー。

価格は約280円!


とはいえ、

お任せは怖かったし、どうしたいか英語で言って伝わるかわからなかったので、

インターネットで東京の美容室が共同でだしているカットモデルのサイトを参考に、

パソコンを抱えて、写真を見せて切ってもらうことにしました。

どうなるものか・・・と緊張の約1時間でしたが、

意外や意外、すげーー上手に見せたのとほとんど違わない髪型になりました。

ある程度変になる覚悟もしていたのですが、

「やるじゃん、タイ人美容師!」と思わず帰り道つぶやいちゃいました。


その後市場などを見ながら時間をつぶし、

夜はまた中・高生とバスケをして楽しみました。

昨日張り切って連続3時間ぐらいプレイしていたので、

今日はそのつけがまわり、腰痛&足通に悩まされ、

思うようにプレイできなかったけど、

バスケはやっぱり最高でした。


明日はラオスに向かいます!
a0154765_198738.jpg
a0154765_1983192.jpg
a0154765_1984714.jpg
a0154765_199072.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-10-03 12:00 | 40.タイ編

チェンセン

タイにはチェンマイ、チェンライ、チェンセンなど、

チェンが名前についている街がたくさんあります。

チェンとは街という意味らしく、わりかしタイの北のほうに多い名前です。


なぜチェンセンに来たのか・・・、

特に理由はなくただなんとなく次行くラオスの国境に近いそれだけでした。

明日の朝には早速ラオスに向かおうと思っていたのですが、

ものすごーく居心地のよいゲストハウスを見つけ、

そして毎日のようにバスケをしている中・高生と仲良くなり、

明日もバスケをするためにもう1泊することにしました。

言葉が通じないなかスポーツでお互いがつながった瞬間は、

何とも言えないぐらい感動があります。

そういう意味では僕にとってバスケはコミュニケーションの一つなのかもしれません。

もちろん単純にバスケ大好きっていうのもあります!
a0154765_18595079.jpg
a0154765_18592414.jpg


おまけ・・・
a0154765_1904030.jpg
a0154765_1905652.jpg

ゴールデントライアングルと呼ばれる、タイ&ラオス&ミャンマーが同時に見えるとこ。

昔はアヘンが栽培されていた場所らしい。
[PR]
by world_journey | 2010-10-02 12:00 | 40.タイ編

トレッキング 2日目

こんな場所で朝早く目を覚まさないなんてもったいない!

そんなわけで今日は6時に起き、素晴らしい朝日を見ました。

星空も素敵だけど、

僕はこの朝の新しく何かが始まるような雰囲気が大好きです。

まだ他の参加者が目を覚ましていないなか、

僕はさっそく村の散歩にでかけました。
a0154765_1847281.jpg



広場にでるとその下の家の前で朝の6時から子どもが遊んでいました。

日本でいうケンケンパみたいな遊びみたいなのですが、

楽しそうに、元気に朝から遊んでいる姿は、

なんか見ていて心地が良かったです。

きっと日本にもこういう時代があったんだろうなーと、

ここでも遠い日本のことを思い出してしまいました。
a0154765_18483657.jpg
a0154765_1848559.jpg



散歩から帰ってくるとコーヒーや紅茶の準備がしてあって、

そんな匂いに誘われてかぞろぞろとみんな起きてきました。

朝食はフルーツたくさん、食パン&たまごとシンプルではありましたが、

山盛りあって食べきれないほどでした。

素敵な景色に囲まれて食べる食事ってどうしてこんなに美味しく感じるんでしょう。
a0154765_18492775.jpg
a0154765_18494457.jpg

a0154765_18501274.jpg



食後はセブンイレブンに寄って各自お水など必要な物を買い足します。

もちろん僕は水があと2Lぐらいあったので何も買っていません。笑

あ、ちなみにセブンイレブンはタイで一番多いコンビニですが、

もちろんこんな山奥にセブンイレブンはありません。

ガイドがただの商店をセブンイレブンと呼んでいたので、僕もそう書いてみました。

お騒がせいたしました。笑


下りの道は昨日よりやや険しい感じなのですが、

でもその分トレッキング感がでてとても楽しかったです。

途中、滝の下で水浴びなどをし、

最後のメインイベント、ホワイトラフティングとバンブーラフティングの場所へ。
a0154765_18505212.jpg
a0154765_1851799.jpg
a0154765_18512497.jpg
a0154765_18513717.jpg
a0154765_18515445.jpg
a0154765_18523331.jpg
a0154765_18525142.jpg



ラフティングはこれまでもアフリカや南米などできる機会はあったのですが、

なんせツアーというものは高い!ということで避けてきたのですが、

このツアーにはそのラフティングもついています。

前々日大雨が降ったということで中止になるかも・・・とガイドに言われていたのですが、

今日は・・・ラフティング可能らしい!!

そしてそのラフティング、ちょーーー面白かったです。

ラフティングのスタッフが1人乗船し、

漕ぐタイミングなどどちらに向かうなどいろいろと指示をだされながら、

荒れ狂う川を流れて行くのですが、

びっしょびしょになりながらみんなで力と息を合わせてのラフティングは、

本当に面白かったです。

転覆する恐れもあるということでカメラは預けなきゃいけなかったので、

写真がないのですが、ラフティングはなかなかスリルもあり楽しいです。


そのあとは竹のイカダで流れの緩やかな川を下るというものだったけど、

これも沈みそうなイカダにしがみつきながらで、

これも楽しかったです。


そして最後の昼食、パッタイ(タイ風焼きそば)をお腹いっぱい食べ、

ゲストハウスへと帰りました。

これでたったの2500円だから日本の物価で考えるなら、

ありえないぐらい安いですよね。
[PR]
by world_journey | 2010-10-01 12:00 | 40.タイ編

ナイトマーケット

さっきまで夢の世界のように楽しかったトレッキングが終わり、

街に帰ってきました。

チェンマイでは毎日のようにナイトマーケットがあるらしく、

夜になるとその通り沿いいっぱいに夜店が出ます。


これはこれで現実なのだろうけど、

2日間が楽しかったのでなんかちょっと拍子抜けしちゃってます。

短期旅行者にはお土産を買うのが楽しみの一つになると思うのですが、

僕みたいな長期旅行者には欲しくても買えないからお土産は毒です。
a0154765_18552795.jpg
a0154765_1856593.jpg
a0154765_18563397.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-10-01 12:00 | 40.タイ編

トレッキング 1日目

朝の8時にツアー会社の車がゲストハウスに迎えにきました。

参加者の泊まっているホテルやゲストハウスをまわり、

迎えに来てくれるところからツアーは開始です。


まずはトレッキングにむけマーケットに立ち寄り、

水やお菓子などを調達します。

水などはトレッキングの途中や今夜泊まる予定の村でも買えるらしいのですが、

2倍とか3倍とかするそうなので僕は4ℓも水を買っちゃいました。笑

はっきり言って買いすぎです。


でもいつも20キロ以上の荷物を持って歩いているので、

4ℓぐらいの荷物だととても軽く感じてしまうのです。

お菓子も少し買って、とりあえず準備は万全!


まずはツアーのメインの一つでもあるエレファントライディング。

ま、その名の通り象に乗るってやつです。

40分ぐらい象に乗ってそこらを周るというシンプルなやつでしたが、

象に乗ったことなかったのでよい経験ができたかな。

その後は簡単な食事(炒飯-食べ放題?)をとり、

トレッキング開始です。
a0154765_18323461.jpg
a0154765_183336.jpg
a0154765_18333088.jpg
a0154765_1834546.jpg



トレッキングはというとこれまた結構シンプルなルートで、

とりあえず山を登っていくという感じでした。

特に険しい道もなく、

体力さえあれば問題なし!という感じで、

自然たっぷりの森を歩くのはとても気持ち良かったし、

適度に汗もかきいい運動になりました。
a0154765_18343740.jpg

a0154765_18363167.jpg



村はというと一応、何とか族の村らしいけど

それなりに観光地化していて観光客用のコテージなどいくつかありました。

でも僕にはそれでも十分すぎるぐらい楽しかったです。


到着してすぐに村の子どもたちがサッカーをしていたので、

一緒にまざって1時間ほどサッカーをし、

夕暮れ時に夕日を見るべく村を散歩し、

コテージに帰った時にはちょうど晩御飯の用意ができており、

お腹いっぱい美味しいご飯を食べました。
a0154765_1837461.jpg

a0154765_18373954.jpg
a0154765_1838121.jpg
a0154765_18382488.jpg
a0154765_18384591.jpg



その後はみんなでろうそくを囲みいろいろな歌を歌いました。

ガイドがギターを弾いてタイで一番有名な歌を僕らに教えてくれました。

そうそうその僕らのガイドは口を開けばいつも冗談を言うような、

コメディアンのようなガイドでした。

そのジョークもなかなか面白く常にツアーを楽しく盛り上げてくれました。


そして極め付けは星です。

何万、何億もの星が夜空に輝き、外に横になって見上げる星は

この旅で見てきた星空のなかでもぴか一でした。

結局2時間ぐらいは外で横になって星を眺めていたんじゃないかな。

その隣でドイツ人たちはビールを飲みまくり、

さっきガイドに教わったタイの曲が耳から離れないらしく、

10分おきぐらいに何度も歌っていました。笑
a0154765_18392172.jpg
a0154765_18393878.jpg
a0154765_18395466.jpg
a0154765_18401324.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-09-30 12:00 | 40.タイ編

チェンマイ

バンコクから夜行バスで11時間ほどかけてタイの北部最大の都市、

チェンマイにやってきました。

ここはトレッキングをする拠点の街としても有名らしいので、

僕も1泊2日のトレッキングに参加する予定です。


そんなわけで今日は到着後、

チェンマイの街を散策しトレッキングのツアーを買うべく、

旅行会社をたくさんまわりました。

さて、たくさんってどれぐらいだと思いますか?

みなさんなら何軒ぐらい旅行会社をまわりますか?

ちなみに僕は20軒以上まわりましたー。笑

これはきっとやりすぎですがそのおかげでけっこう安い値段で

いいツアーを運営していると有名な会社のツアーを買うことができました。

ツアーの値段はけっこう幅があり、

旅行会社の人曰く「安かろう悪かろう」らしいです。

値段が安いということは何かで経費を下ずらなくてはいけないらしく、

そうなると削れるものというのが食費やその他のアクティビティーになり、

食事の質が悪かったり、アクティビティーの時間が短かったりするそうです。

そんな情報を参考にしながらやっと決めたトレッキングツアーです。

明日から1泊2日のトレッキングツアー結構楽しみです。
[PR]
by world_journey | 2010-09-29 12:00 | 40.タイ編

日本まで…

タイに入って突然に日本がとても近くなった気がします。

街のあちらこちらに日本の企業の看板があり、

コンビニには日本語が書かれている日本のお菓子やジュース、

生活用品などが並び、

街の中心の大きなモールの入り口に座っていると、

日本人みたいな化粧&格好をしたタイ人がたくさん。


そして食事。

もちろんタイ料理なので日本食とは違いますが、

南米、アフリカ、ヨーロッパ、インドなどと比べると、

格段に僕の口に合います。

バンコクに着いた夜に食べたヌードルはなんだか優しい味がしました。笑

もちろんそれぞれの国でそれぞれの国の料理を食べるのは楽しいし、

うまいのだけど、

やっぱり僕は日本人であり、アジア人であり、

僕にはタイの食事がうまくてしかたないです。

なんかすごく癒されます。笑


そして時差。

南米では15時間ほど、アフリカ&ヨーロッパでは8時間ぐらい、インドで6時間、

タイに入りついにたった2時間の時差になりました!


本当にどんどん日本に近づいていっているのを実感します。

そして悲しいやら嬉しいやらあと3カ月で日本に帰国です。
[PR]
by world_journey | 2010-09-28 12:00 | 40.タイ編

別世界 バンコク

インド&ネパールをこの1カ月周っていたせいか、

バンコクに降りたち、カオサンロードに向かうバスの中で不思議な気分におちいりました。

インドネパールは塗装されていない道がたくさんあり、

また新しい&大きなビルなんてほとんどありません。
(インドでもムンバイなど南インドはあるところもあると思います!たぶん。)

そのせいか大都会のバンコクがまったくの別世界のように感じました。

思わず子どもみたいに「わあおぉーーー」って声を出しちゃいました。笑

でも東京はバンコクよりももっと大都会なわけだから、

そう考えるとインド&ネパールの街がどれだけ未発展な状態なのか・・・。


バックパッカーでなくてもよく知られているカオサンロードがどんなものか見てみたく、

カオサンロードのあたりに宿を探すことにしました。

でも昔写真で見てイメージしていたカオサンロードとは違い、

意外にこぎれいで、ちょっとしたリゾート地という感じでした。

ヒンドゥー教徒の人たちはアルコールを飲まないので、

インド&ネパールではビールとは無縁の生活をしてきましたが、

ここでは欧米人を筆頭にみんなビール瓶を片手に歩きまわっています。

こじゃれたタイ人もたくさんいて、

インド&ネパールとタイ、どちらも同じアジアとは思えないです。
(そんな言ったら日本もだけど・・・笑)


タイに着いて最初にカルチャーショックだったのは、

露店で食事をしてもぼったくってこないということです。

ヨーロッパ以外はどこに行っても地元の人より高値を言われるのは当たり前だったのに、

タイではどうも正規の値段を言ってくれているっぽいです。

お国柄なのか、そんな正直なタイがさっそく好きになりそうです。
[PR]
by world_journey | 2010-09-26 12:00 | 40.タイ編