ROUND THE WORLD

<   2010年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

列車

ペルーでは列車はほぼ観光客のために運行しているため、

物価に比べかなり割高ですが、

ボリビアではけっこうリーズナブルです。

ということで、

アルゼンチンとの国境線まで列車で向かうことに!


予定より2時間遅れ0時半に列車は出発し、

夜中列車は走り続けVillazonという町まで向かいました。

今まで移動はずっとバスだったので、

列車での移動は新鮮で、景色もまた格別で最高でした!
a0154765_23413456.jpg
a0154765_23424066.jpg
a0154765_2345293.jpg
a0154765_23453259.jpg
a0154765_23455994.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-02-27 12:00 | 5.ボリビア編

トルコ人夫婦と新たな夢?

2泊3日という短いツアーでしたが、

かなり楽しみました。

実際最初はこんなに楽しくなるとは思ってなかったです。


ツアー参加者の夫婦2組もとても素敵な人たちで、

それもこのツアーが楽しくなった理由かな・・・と思います。

特にトルコ人夫婦とは仲良くなり、

またトルコで会うのが楽しみです。

2人はなんと宮崎駿の大ファンらしく、DVDはすべて持ってるらしいです!

一番好きなのは「トトロ」だってさー。


ツアー中に旦那さんTansuは34歳になりました。

しかーし、ほとんどの荷物をUyuniのホテルに預けてきたため、

プレゼントとしてあげれそうなものが何もない・・・。

そこで持っていたポストカードを自分なりに頑張ってアレンジし、

みんなにメッセージを書いてもらってあげると、

とてもとても喜んでくれましたー。
a0154765_1542862.jpg

a0154765_23484243.jpg

ホントとても素敵な夫婦でした。


あ、ツアー中移動時間がものすごいあったので、

個人的にいろいろ考えてました。

そんな僕は新たな夢?を思いつきました。

それはー、

新婚旅行はバックパックを背負って、

旅みたいな旅行がしたい!

なんでそんなことを思ったかというと、

2組の夫婦を見ていて、素敵な瞬間を好きな人と過ごせることは、

すばらしく気持ちがいいんだろうなーと思ったからです。

まぁ、新婚旅行でそんなことをしたいと思ってくれる人はなかなかいない気がしますので、

実現は難しい気がしますが・・・。


あ、明日はアルゼンチンに向かいます!
[PR]
by world_journey | 2010-02-26 12:42 | 5.ボリビア編

Uyuni塩湖ツアー3日目

ツアー最終日の今日はまさかの朝5時出発でした。


電気のない真っ暗ななか(夜は発電機で発電・・・)、

ヘッドライトを頼りに着替え&荷造りをし、

車へ・・・ん・・・変だぞ・・・、

他の車はエンジンがかかっているのに、

僕たちの車はシーンとしていました。

まさかのドライバー寝坊!です。


そんなハプニングもありましたがー、

予定の15分後出発し、最初の見所へ。

ここはいわゆる火山ガスが噴出している場所です、
a0154765_120026.jpg
a0154765_1202725.jpg


その後・・・4,300m以上の場所にある温泉へ!!

すげーーーーーーーーーーーーーーーーーー気持ちよかったです。

着替える場所も何もないのですが車の中でこっそり着替え、

温泉入りました!
a0154765_1225695.jpg

すごい寒いせいもあり、

ツアー参加者の1割ぐらいしか入っていなかったですが、

日本人として温泉は入らずにいられませんでしたー!



その後、高い山々を横目で見ながら、

車はチリの国境へと向かいます。
a0154765_125311.jpg
a0154765_1252750.jpg
a0154765_1255446.jpg


最後のラグーンでみんなで写真を撮りました。
a0154765_1271620.jpg

フランス人の60歳代の夫婦とトルコ人の30歳代の夫婦と僕ら2人の6人で、

ツアーを一緒にまわりました。

特にトルコ人夫婦のEdaとTansuとはとても仲良くなり、

トルコ(イスタンブール)に行った時は泊めてくれるらしいです!
a0154765_1305132.jpg

8月にまた会うのが楽しみです。


その後チリに向かうトルコ人夫婦をチリの国境で下し、

僕らはもと来たUyuni市に戻ります。

到着までに7時間半も車に乗らなきゃいけないという、

最後はやや地獄でした・・・。
a0154765_135136.jpg

a0154765_1372912.jpg

(途中、僕らの四駆は泥にはまっている車を助けましたー)

a0154765_1383665.jpg

出発前あんなにきれいだったレクサスはまっ茶色になっちゃってました。
[PR]
by world_journey | 2010-02-25 12:00 | 5.ボリビア編

Uyuni塩湖ツアー2日目

今日は6時半起床、7時から朝食です。

今日のメインは何と言ってもフラミンゴ観察でしょう!!

フラミンゴはガラパゴス諸島でも見たけど、

それ以上にたくさん見れる?という噂どおり、

何百というフラミンゴがいました!
a0154765_143048.jpg

a0154765_15399.jpg



そしてー、

フラミンゴだけでなく、自然のリャマもたくさんいました!
a0154765_183556.jpg


その後、自然によって削られた倒れそうな岩を見たり、
a0154765_162426.jpg

a0154765_17713.jpg

マグマの流れたあとを歩いたりしました。
a0154765_134140.jpg
a0154765_125932.jpg



a0154765_058136.jpg

一応、後ろにはソルトレイクが広がっています・・・。
a0154765_103632.jpg

道なき道を進むため、四駆といえども泥にはまり動けなくなることも・・・(他の車)
a0154765_1151144.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-02-24 12:00 | 5.ボリビア編

Uyuni塩湖ツアー1日目

ツアー1日目はこのツアーの目玉でもあるソルトレイク(塩湖)です。

このソルトレイクは世界最大の大きさで、

今でも広がりつつあるとか・・・。
a0154765_036364.jpg

(前日雨か降ったおかげで空や山が反射してとてもキレイでした。)

このソルトレイクには塩で作ったホテルがあります。

ホテルと言っても、

ベットとダイニングなどがあるだけの簡単な作りなのですが、

ホテルは塩でできています!

ツアー業者の人の話では、

このホテルに泊まるのは大体日本人だとかぁ・・。

実際、僕らもツアーの途中で見学しましたがぁーー、

日本人が7人ぐらい泊まっていて、

そのあとも3人ほどあと泊まりにきていました。

ちなみにホテルは25ドルします(ボリビアの平均の約5倍~7倍)。

すさまじく高いというわけではないのですが、

他の外国人には人気がないみたいです。
a0154765_0372765.jpg

a0154765_0382097.jpg

これを積み上げて家を造るみたいです・・・
a0154765_039509.jpg

a0154765_038544.jpg

a0154765_0405959.jpg
a0154765_0413126.jpg


その後、塩湖にある島へ移動しました。

大したことないだろう・・思っていましたが、

島の頂上はまわりが見渡せてとてもキレイでした。

一人座って、好きな音楽を聴きながら眺める景色は最高でした!
a0154765_042274.jpg

a0154765_0422797.jpg

a0154765_0431147.jpg
a0154765_0434021.jpg

a0154765_0443798.jpg


その後は車で今夜宿泊するホテルへ行くと、

飼われているリャマがいましたー。
a0154765_0451773.jpg



a0154765_0342646.jpg

これらは塩でできているらしいです。
a0154765_0355773.jpg

道なき道を進むため、車はすべて四駆のトヨタ車でした。
しかしー、嬉しいことに自分たちはトヨタ車でもレクサスの四駆でした!!
すげー快適な乗り心地でした。
[PR]
by world_journey | 2010-02-23 12:00 | 5.ボリビア編

腹痛・・・

SucreからUyuniに移動しようと思ったものの、

バスがなく、Potosiで1泊することに・・・。


が、お腹がやばい・・・下痢ばかりか、吐き気までする!


夜はお腹が痛すぎて何度も起き、

なんとか朝を向かえ、薬局で下痢止めと胃薬?を購入。

というのも、正露丸が効かない!!


バナナを食べて、薬を飲んで横になっていると少しよくなったので、

Uyuni行きのバスに5時間乗り、無事Uyuniに到着しました!

3日目だったし、薬も飲んだのでけっこうよくなった気がします。

それにしても昨日の夜が最悪でしたが・・・。


Uyuniは世界最大のソルトレイク(塩湖)があります。

明日からUyuni塩湖のツアー、2泊3日に参加しまーす!
[PR]
by world_journey | 2010-02-22 12:00 | 5.ボリビア編

ボリビアの食事&宿

ボリビアの食事も安くておいしいです。

150円も払えばおなかいっぱいになるところがけっこうあります。

世界最大の牛肉消費国であるアルゼンチンが近いために、

牛肉も安く食べれます!
a0154765_2592318.jpg


宿は南米最安の200円ぐらいからあります!

Potosi市やScure市は都会なので少し高いですが、

それでも400円~500円ぐらいで簡単な朝食がついてきます。
[PR]
by world_journey | 2010-02-21 13:55 | 5.ボリビア編

日本の中古車

Potosi市からボリビアの法律上の首都であるSucreに移動してきました。

ここは16世紀に建造されたコロニアル様式の古い建物が残る、

世界遺産に登録されている街です。

白い美しい建物が多いことから、別名、「白の街」と呼ばれているらしいです。

そして1年に一度は白く塗りなおさなければいけないという決まりもあるらしい・・・。


ガイドブックにはボリビア一美しい街と書かれていたとおり、

とてもきれいな街です。


a0154765_2401332.jpg
a0154765_2403168.jpg
a0154765_2404742.jpg
a0154765_241537.jpg

ボリビアではたくさんの日本から輸入しただろう、

中古のマイクロバスやトラックがたくさん走っています。

旅館や幼稚園、観光バスなど・・・少し日本にいる気分!?
[PR]
by world_journey | 2010-02-21 13:29 | 5.ボリビア編

Potosi市街

昨日19時発の夜行バスに11時間揺られ、

世界遺産の都市Potosi(ポトシ)にやってきました。

Potosiは人が住む都市として世界最高地点の約4,000mの場所にあります。


Potosiは昔、銀山として栄え、

最大20万人以上が生活していたらしいです。

現在ではほとんどの鉱物が枯渇してしまっていますが、

今でも現役で働いている人たちがいます!


鉱山を含むPotosi市街は世界遺産に登録されていますが、

鉱山では800万人もが亡くなったとも言われており、

「人を食う山」として恐れられていたらしく、

負の世界遺産としても数えられているそうです。


今日はその鉱山に見学に行ってきました。

a0154765_11295898.jpg
a0154765_11305047.jpg
a0154765_11311947.jpg
a0154765_2541538.jpg
a0154765_2544598.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-02-19 22:13 | 5.ボリビア編

ボリビアの首都はラパス?

ボリビアの首都はどこだか知っていますか?

公には一応、ラパスがボリビアの首都となっていますが、

地図などをよく見ると「*ラパス」と米印がついていたりします。


これは実は法律上の首都はSucre(スクレ)という場所だからです。

昔はSucreが名実ともに首都でした。

しかしある時政権が代わり、新しい政党がLa Pazに議会など、

政治の中心となる機関を移したのです。

それからはLa Pazが実質首都と言われるようになったらしいです。


Sucreには現状、最高裁判所があるのみで、

首都としての機能は果たしていない状況です・・・。


La Pazは確かにでかいです!

活気にあふれています。
a0154765_10571355.jpg
a0154765_10574876.jpg
a0154765_10583823.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-02-18 12:00 | 5.ボリビア編