ROUND THE WORLD

<   2010年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ツアー

朝3時に部屋のドアが開き、

宿の人が起こしに来てくれました。

予定では3時20分に迎えが来るらしい。

歯磨きをしたり、荷物をまとめたりしているけど、

体調は昨日よりだいぶよい感じ。

お腹の調子は・・・どうなのだろう。

朝はこんな感じでスタートしました。


マイクロバスに乗り込み、僕はとにかくすぐに眠ることにしました。

それしかこのツアーを乗り切り手はないと思ったからです。

途中何度か下痢を誘うお腹の痛みと闘いながら、

3時間半ほどかけてアブ・シンブルに到着しました。

もちろん到着してすぐに向かった場所はトイレです。笑


神殿はたくさんのツアー客で溢れていました。

どのツアーもやはり同じ時間に出ているみたいです。


神殿は噂どおりすごいです、圧倒されます。

実はこのアブ・シンブル、本当はここより60m下に昔はあったらしいです。

じゃあどうやってここに?

もちろん歩いてきちゃいないです。
a0154765_5383728.jpg


1960年代、水不足を解消するために作られるダムの下に沈んでしまう危機にさらされ、

ユネスコが世界に呼びかけ、今より60m上に引き上げられることになったらしいです。

引き上げの際には、それぞれを運べる大きさに切りとり、

それをまた組み立て直すというやり方を取ったそうで、

良く見るとつなぎ目がわかるとか。
a0154765_541442.jpg


新王朝時代の有力な王、ラムセス2世によって建てられたこの神殿は、

彼の権力の大きさを示すのに十分なぐらい立派なものです。

残念なのは内部の写真撮影が禁止なことです。

なんたって内部が凄いのだから・・・。
a0154765_5403266.jpg

a0154765_5393566.jpg
a0154765_540029.jpg


さて、次の行き先地に向かう前にトイレへ。笑


次の目的地はエジプトを支えている、

そしてアブ・シンブルを移動させる原因にもなったダムへ。

しかし所詮ダム?

到着したのはいいが高い入場料ということもあり誰ひとり入ろうとする人はおらず、

すぐにイシス神殿に向かいました。

僕もここで体力を使うわけにはいかん!と、

ダム行きは諦めました。

実は次に向かったイシス神殿もダムの影響で水没してしまう恐れがあったため、

ファラエ島からアギルキア島に移築させられました。


一応、この遺跡もヌビア遺跡群の1つで世界遺産です。

島にあるっていうのがなんだかすごく神秘的に感じました。

ここは内部も写真が撮れるってところがなかなか素敵です。
a0154765_5431540.jpg
a0154765_5435557.jpg
a0154765_5443647.jpg
a0154765_545848.jpg
a0154765_5454882.jpg



もちろん帰りはトイレにいきました。笑


こんな感じで、1日ツアーをなんとか乗り切りました。

本当は夕方の電車でルクソールという町に向かいたかったのですが、

体力の限界を感じ、

とりあえず宿にチェックインし直して寝ることに。


きっと万全な状態であったらもっと遺跡を楽しめたんだろうなー。
[PR]
by world_journey | 2010-05-31 12:00 | 16.エジプト編

風邪

夜行バスに乗り、15時間かけてアスワンという町にやってきました。

アスワンでは神殿などの遺跡を見ようと思っています。

がぁ!!

バスの中でやや変だな・・・と思っていたけど、

かなりひどい風邪を引いたらしく、

バックパックを背負って町を歩き回る体力もなく、

やっとのことで見つけた安宿にチェックインした時は、

倒れこむように眠り込んでしまいました。

36度近い暑さというのにも関わらず、

天井の扇風機の風が冷たく感じるという異常事態・・・。

耐えきれず扇風機を消し、薬を飲んで休むこと6時間、

朝よりもだいぶ良くなったので、

ツアー探しと電車の予定を調べに行くことに。

1時間ぐらい歩いて、食事を買って帰って食べるのだけど、

食が進まず、僕としては珍しく3分の1も残してしまいました。
(朝食&昼食も食べていないのに・・・)


ツアーは結局、安宿で紹介してくれたツアーに参加することに。

このツアーでアブ・シンベルやイシス神殿などを回ります。

しかしこのツアーがなかなかハード。

アブ・シンベルはアスワンから約3時間ほどのところにあり、

ツアーの出発時間は朝3時!で帰ってくるのが3時過ぎ。

こんな体調で行けるのだろうか・・・と思っていると、

今度はお腹を下し始めるじゃありませんか!!

下痢が止まらない・・・。

これはあきらかにカイロで食べた何かにあたってしまったようだ。

ボリビアでのひどい下痢以来、お腹を下すことがなかったのに、

約3カ月ぶりに厄介な奴が帰ってきました。

薬はあるけれど、風邪薬も飲んでいるし・・・。

明日は無事何事もなく終わるのでしょうか。

不安だ!!
[PR]
by world_journey | 2010-05-30 12:00 | 16.エジプト編

お気に入り

僕はお気に入りのものができると毎日でも飽きません。

ここカイロで見つけたお気に入りはメロンジュースです。

メロンを牛乳と混ぜてミックスするジュースなのですが、

メロンの果汁のブツブツが何ともいえずやめられずに、

お店を教えられた初日から欠かすことなく4日連続飲んじゃっています。


いやーうまい!
a0154765_5234078.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-05-29 12:00 | 16.エジプト編

世界遺産 カイロ歴史地区

今日は宿に泊まっていた日本人カップルと一緒に、

イスラーム地区に行ってきました。

カイロといえば、近くのギザのピラミッドが有名ですが、

実がカイロ自体も古い(1600年ほど前)イスラム系の建物がたくさんあり、

世界遺産に登録されている地区があります。


その中でも今日は一番古いモスクと有名なモスクなどを見てきました。

モスクは風通しがとてもよく座っていると心地よく眠くなってきます。

僕は行くモスク全てでほぼ100%寝てました。

それも夢を見るぐらい深い眠りに落ちていました。笑

きっと一人で来ていたら長いこと眠ってしまっていたことでしょう。
a0154765_5174662.jpg
a0154765_5181760.jpg
a0154765_5184960.jpg
a0154765_5192353.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-05-28 12:00 | 16.エジプト編

ギザの3大ピラミッド

今日はピラミッドを見るために早起きです。

ガイドブックに書いてあったギザ行きのバスを探すのだけど、

なかなか来ず、場所も自信がなかったので、

予定を変え、地下鉄でギザ駅を目指すことに。

ギザ駅に着き、ピラミッド行きのバスに乗り込み、
a0154765_593460.jpg

15分ぐらい走ると、

ピラミッドが見えてきました。

見えた瞬間、すげー感動しちゃいました。

そして自分がエジプトにいることを改めて実感しました。
a0154765_574924.jpg
a0154765_581848.jpg



ピラミッドのゲートに向かうまで、

そっちじゃないよ、こっちからで安いよ・・・とか、

ラクダか馬車じゃないといけないよ・・・とかいうエジプト人の嘘と

戦わなければならず、

ゲートに着くまでにだいぶやられます。


ゲートに入った後も、

ラクダ引きや物売りとのめんどくさいやり取りが続きます。

たぶん何も知らずにエジプトに来た純粋な日本人であったら、

確実にここでは騙されまくりな気がしました。

ラクダに乗る気は最初からなかったので断っていたのですが、

ラクダの写真もピラミッドとともに撮ったらどうだい?というお兄さんが勝手に

カメラの視界に入ってきて、

どうせお金取るんでしょ?って聞くと、

まさか、タダだよ!と。

いや、でもいいやと断るけど、

本当にタダだからとカメラの中に入ってくるものだから、

なんとなくパシャリと1枚撮って、カメラをカバンにしまうと、

写真見せて!と言ってきて、

撮ってないって言って逃げようとすると、

「金よこせ!」と言ってきた、

はいきたー。

渡すわけもなく、その場を足早に立ち去りましたが、

2日からエジプト人の印象最悪です。笑

これまで15カ国旅してきて、

南米でも観光地ではうざいほどものを売ろうとしてくる人はいたけど、

こんなに大胆に嘘を付いてくる人はいなかったです。

なんだか不思議な国です・・・。
a0154765_5133197.jpg

a0154765_5111034.jpg
a0154765_5113732.jpg

こいつです!!


おっと、

話がずれちゃいましたがー、

肝心のピラミッド、スフィンクスはしっかり&じっくり楽しみました。

ツアーでくると限られた時間しか見ていられないけど、

個人でくると、

好きなだけピラミッド&スフィンクスを眺めることができ良かったです。
a0154765_5122038.jpg


写真撮影は禁止だったけど、

クフ王のピラミッドの内部にも入りました。

階段を上って入れる部屋はたった1つだったけど、

途中の階段の道の天井がすごく神秘的で、感動しました。

これも長い時間眺めていたい感じでした。
a0154765_59348.jpg



スフィンクスはもっと大きいものだと思っていたけれど、

案外ちっちゃかったです。
a0154765_5125416.jpg


エジプト人の印象は今のところ悪いけどー、

エジプト自体は最高です!
[PR]
by world_journey | 2010-05-27 12:00 | 16.エジプト編

16カ国目 エジプト

朝4時半という朝早い飛行機に乗り、

憧れの地?エジプトにやってきました。

飛行機内では離陸してすぐに朝食の機内食が提供され、

早すぎだろ!!と思いつつ、

しっかり食べちゃいました。


エジプト・・・、

ずっと来てみたかったこの地、

なんか本当にここにいるなんて少し夢見心地です。


空港から予定していたホテルまで少し迷ってしまい、

到着したのは13時少し前。

本当はさっそくギザのピラミッドとか行ってみたかったけど、

楽しみは明日にとっておき、

今日は考古学博物館に行くことにしました。

考古学博物館にはあの有名なツタンカーメンの黄金の仮面などをはじめ、

エジプト各地の考古学品が展示されています。

展示品の数が半端なく、

閉館の時間まで見て回って、一応なんとか全部屋見たけれど、

最後の30分は早歩きで見ていました。


考古学博物館内はカメラの持ち込みが禁止なので、

建物の写真だけですが、こんな感じです。

明日はギザのピラミッドに行ってきます。
a0154765_54739.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-05-26 12:00 | 16.エジプト編

SIMカード

今、日本ではSIMカードの解除が取りざたされているみたいですが、

実は僕も携帯買っちゃいました!

日本の携帯はSIMロックというロックがかかっており、

特定の機種に対して特定のプロバイダーしか使えないように設定してありますが、

海外の携帯は多くはSIMロックがかかっておらず、

好きな機種を買い、

各携帯プロバイダーが販売するSIMカード(電話番号などの固有情報を記録してある)を入れ替えれば、

いつでも機種が変更でき、SIMカードも何枚も持つことができます。


僕が買った携帯もSIMカードを2枚挿入することができるやつです。
(つまり一応、2つの番号を1つの携帯で持てる)

SIMは各国で値段も違いますが、

大体100円から300円程度らしいです。


基本的に旅中、携帯を使うことはないですが、

たまに宿の予約をしたかったり、

現地でできた友達と連絡をとりたい時があるので、

そういう意味ではかなり役立つのかなーと思い買っちゃいました。


価格も日本の現在の機種価格に比べれば格段に安く、

NOKIAの高機能が5500円ぐらいでした。


誰か日本から会いに来てくれる人がいればー、

待ち合わせもできます!


ま、何かしら役立つはず!!
a0154765_6234993.jpg

[PR]
by world_journey | 2010-05-26 00:05 | 12.ケニア編

コーヒー

ジンジャから夜行バスでケニア、ナイロビに帰ってきました。

明日の朝4時の便で今度はエジプト、カイロに飛びます。

エジプトでアフリカ大陸最後になると思うと、

少しさみしいな・・・。


今日は特に予定がなかったので郵便局に行き、頼まれていた郵便を出し、

自分のポストカードも出し、町中を散歩することにしました。

その後、せっかくおいしいコーヒーを作る国にいるのだから、

最後にもう一度うまいコーヒーが飲みたくて、

ジャバコーヒーというお店に行ってきました。

ここのコーヒーはケニアの物価に比べると少し高いのだけど、

本当においしいコーヒーを出してくれる店です。

うまいコーヒーを飲むだけで、

それだけで幸せに感じるのはなんでだろう。
a0154765_21534681.jpg


明日にはエジプト入り。

知らない国に行く時は、いつも不安でいっぱいです。

まー、でも何とかなるだろう!
[PR]
by world_journey | 2010-05-25 15:52 | 12.ケニア編

めし

ケニア、タンザニア、ルワンダ、ウガンダと東アフリカを回ってきたけど、

ウガンダが断トツでご飯がうまかったです。


ウガンダはバナナ料理がものすごく多く、

特にバナナを煮込んだ料理はうまかったです。

あまりバナナの味はせず、マッシュポテトほどに柔らかくなったバナナは、

どちらかというとジャガイモに近い感じかな。


そして一番のお気に入りは牛の串焼き。

これが安くてうまい。

ジンジャでは約1本14円で買えてしまうという安さ。

たまに焼きすぎで少し硬くなっていたりするけど、

それはこの安さだからしょうがない!
a0154765_21225516.jpg

a0154765_2123252.jpg



そして〆にチャイを飲むのが僕のお決まりパターンでした。

おばあちゃんが作ってくれるんだけど、

これも一杯約25円の安さ。
a0154765_21235237.jpg

甘くて寝る前には最高の一杯でした。
[PR]
by world_journey | 2010-05-24 22:00 | 15.ウガンダ編

ナイル川の源流

昨日の夕方、乗合ワゴンに乗り、

ジンジャというナイル川の源流が流れる町にやってきました。

本音をいうともう少し首都のカンパラにいたかったのですが、

フライトがナイロビから5月26日であったことと、

カンパラで泊まった安宿にたくさんの可愛らしいゴキブリの赤ちゃんがいたので、

耐えられなく、ジンジャにやってきました。


ここジンジャはナイル川の源流と近くに大きなビクトリア湖がある以外は、

特に見所がないところなのですが、
(少し高いけど、ホワイトラフティングなどが有名かな。)

のんびりしてて僕はすごく好きです。
a0154765_21304396.jpg

a0154765_2142393.jpg

a0154765_214459.jpg
a0154765_21444566.jpg

a0154765_21455043.jpg



ケニア、タンザニア、ルワンダと旅してきたけど、

ウガンダはゴハンがうまい&安い!

それで人が素晴らしいのだから、

本当に居心地がいいです。


これから夜行バスでケニア、ナイロビに戻ります!
[PR]
by world_journey | 2010-05-24 21:03 | 15.ウガンダ編