ROUND THE WORLD

リオデジャネイロでの日々

リオに到着した日、ホステルから空港に迎えが来ている予定だったけど、

フライトが1時間遅れてしまい到着した時には、

もうすでにドライバーはいませんでした。


しょうがないんで空港会社のせいにして、

ホステルまでの交通費をもらう話をしていたら・・・、

お迎えのおっちゃん登場!

おいおい、どこ行ってたんだよー!!


その日は到着時間が遅かったこともあり、

ビーチに行くのは諦め、ご飯を作って就寝しました。


翌日は観光三昧でした。

大きなキリスト像があることで有名なコルコバールの丘は、

大雨のため土砂崩れがおき閉鎖されていたため、

もうひとつの観光スポットであるボンジアスカールへ行くことにしました。

ここもロープウェイで高台に上ることができ、

景色がとてもキレイでした。

夜は夜景がものすごくキレイらしいです。

その後、中心街を観光し、

この日はコーラ煮を作りました。
a0154765_21401537.jpg
a0154765_21404549.jpg
a0154765_21411831.jpg

真中あたりのとんがった山がコルコバールの丘です。
a0154765_21423215.jpg

実はキリスト像も修復中です・・・。
a0154765_2143217.jpg
a0154765_21432354.jpg

a0154765_21461389.jpg

受付の男性の一人がカポエラを習っているということで見学してきましたー。


3日目はリオの最大の魅力であるビーチに行きました。

欧米人はなにかとビーチ、ビーチと言っていますが、

あまり興味がない僕。

まーとりあえずリオに来たんだから一度は味わってやろうじゃないかと思い、

慣れないビーチをほどよく楽しんできました。

少しだけ海には入り、あとはビーチでぼーっとしてました。
a0154765_2151953.jpg

a0154765_21522652.jpg
a0154765_2152461.jpg
a0154765_215338.jpg



こんな感じにリオでは過ごしていました。

凶暴な都市リオ!というイメージがあったけど、

そういう一面を一瞬も感じることがなく快適な日々を送っていました。

特にビーチなどのリゾート地帯は観光客も多く、

いつも活気に溢れていました。
[PR]
by world_journey | 2010-04-15 12:00 | 10.ブラジル編
<< サンパウロ Salvador空港 >>