ROUND THE WORLD

Mislocated baggageってなんだよ!

シンガポールからインドネシア、ジャカルタのチケットが

往復約5000円と格安でゲットできたので予定にはなかったのですが、

ジャワ島に行くことになりました。

そして今日ジェットスターと同系列のバリューエアーでジャカルタに向かったのですが、

まさかの・・・荷物が出てこない・・・がーん・・・。

貴重品のパソコンやカメラ、お金やパスポートなどはサブバックに入れているので、

手元にあるのですが、

それ以外の全ての荷物がなくなりました。

そう無くなったという表現があっています。

なぜならタグの付け間違いがあったらしく、

僕のカバンはどこに行ったかわからないというのです。

積み間違いなどであれば、次の便で大体届くらしいのですが、

僕の場合は僕の名前のタグが他のスーツケースに付いたらしく、

全然違う誰かのスーツケースが僕と一緒に飛行機に乗ったらしいです。

その場合、荷物を探すのがとても大変らしく、

早くても2-3日、見つからないこともあるらしい・・・。


そして格安航空会社だけあって補償とかもしっかりしておらず、

カバン紛失窓口の人曰く、バリューエアーは当分の必需品を買うお金も出ないとか。

「人のカバンをなくしておいて、それはないだろ!!」と、

考えれば考えるほど頭にきます。


取りあえずジェットスターのカスタマーセンターに電話すると

バリューエアーは同系列ながら一応、別会社らしく

補償などの対応についてはシンガポールでしてもらってくれと言うじゃないですか。
(客には関係ないだろ!!怒)

僕はジェットスターのホームページからチケットを買っているわけであって、

そんな今さら別会社だからと言われても、「は??」って感じです。

一応、「下着や洋服などの必需品は請求書をシンガポールに送れば、

お金はもらえると思うよ・・・」とは説明してもらえたのですが、

それにしても対応の悪さは本当に最低です。


そりゃ客の僕は安いから利用しているわけだけど、

まさか荷物が無くなるなんて予期してないし、

ましてその先の対応まで最悪なんて思ってなかったです。


確かに飛行機の中でも大手の航空会社に比べ、

サービスの質というより、接客の質が悪いなと感じました。

安いのだからサービスの質が下がるのはしょうがないけど、
(飲み物がでなかったりとか・・・)

入国審査カードがうたた寝をしていてもらえなかったので、
(でも周りの人が書いていてすぐに気付いたのに)

お願いしてから20分経っても持ってきてはくれず、

もう一度お願いするとその10分後ぐらいにやっともってきました。

こっちは到着までに書き終えなきゃと思っているのに、

なんで1枚の紙を持ってくるのに30分もかかるのか意味不明でした。

まだここまでは安いからしょうがないか・・・と思えるレベルでしが、

荷物のラベルの貼り間違いをされ、さらにその後の対応も最悪で

格安航空会社を利用する場合はそれなりに気持ちの準備が必要だな・・と感じました。

もちろん大体の人は問題なく荷物は到着するわけで、

僕はたまたま運が悪かっただけともいえますが、

せめてその後の対応がしっかりしているともう少し安心していられたのにー、

と思います。


取りあえず今の僕にできることは待つだけなので、

ただひたすらいつ届くかわからない我が愛する荷物を待とうと思います。

始めからなかなか最悪のスタートです。
[PR]
by world_journey | 2010-11-03 12:00 | 46.インドネシア編
<< 20キロ シンガポールの罰金 >>